GTO

今日のマンガ紹介は「GTO」です。

e0131985_1245621.jpg

 

 
○作者 藤沢とおる
○出版社 講談社
○掲載誌 週刊少年マガジン
○発表期間 1997-2002
○巻数 全25巻




■あらすじ
かつて不良として湘南に君臨した鬼塚英吉(22)は、高校中退(湘南の高校)の後に大検を受け大学(優羅志亜大学)に入学した。(但し、替え玉試験で)彼は持ち前の体力と度胸、そして純粋な一途さと若干の不純な動機で教師を目指したが、教員採用の面接試験を前に暴力沙汰寸前の行為を働き、挙句に面接を受けた学校で、中退させられた生徒に対する教師の態度に腹を立て、とうとう後先考えずに暴力を振るう。
しかし、そんな無茶苦茶だが目先の理屈よりも「ものの道理」を通そうとする彼の行為に、東京吉祥学苑理事長の桜井が目を付け、ある事情を隠して採用する。学園内に蔓延する不正義や生徒内に淀むイジメの問題、そして何より体面や体裁に振り回され、臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをしてしまう大人らに、その大人達を信じられなくなってしまい屈折した子供達。この学園内には様々な問題が山積していたのである。
桜井は、この無茶苦茶な男が問題に真っ向からぶつかり、豪快な力技で解決してくれることに一縷の望みを託したのであった。(wikipediaより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
学園コメディ漫画 
~要素方程式~ 
[不良]×[ハチャメチャ]×[学園]
=[青春]×[事件]×[ギャグ]



この作品はおそらくドラマの方がすごく有名で
知っている人も多いんじゃないかと思います。

あらすじの通り、元不良の鬼塚英吉が
すさんだ学校や傷を持った生徒たちと真っ向からぶつかり
そして問題を解決していくという王道的な学園ドラマです。

e0131985_1723331.jpg

ドラマのイメージでは非常に爽やかで熱血な教師ですが
原作の鬼塚英吉は、スケベで不良で、非常に曲のあるキャラクターです。

なので非常にギャグシーンが多いです笑。
シリアス:ギャグは4:6ぐらいだと言ってもいいと思います。
 
~見所ポイント~
 
①鬼塚の奇想天外な行動

鬼塚英吉の常識にとらわれない
ハチャメチャな行動はかなり面白いです。

e0131985_1731628.jpg

「補足」:生徒と親の問題を解決するため、壁をハンマーでぶっ壊す鬼塚。

こういうとことが一番の見所。GTOの一番面白いところです。

GTOGreat Teacher Onizuka)の愛称の通り
グレートな鬼塚の行動は、見ていて爽快です!!

②王道的学園ドラマ

熱血教師が、心の傷を持つ生徒たちを改心させていくという
教師ものとして、王道ストーリーをきっちり貫いています。

この作品では、登場する中学生たちは
何かしらの心の傷を抱えている。

e0131985_176024.jpg

「補足」:IQ200の女子中学生の神埼麗美の初登場シーン。

そういった心に傷を持った生徒たちを鬼塚はどう改心させていくか。

e0131985_1772486.jpg

e0131985_1771847.jpg

「補足」:神崎麗美の「死にたい」という言葉に対して、首都高から飛び降りるシーン。

主人公、鬼塚英吉のグレートな魅力で展開される
学校生活は、非常に魅力あるものになっています!

③鬼塚のコスプレ

所々に出てくる鬼塚のコスプレ登場は見所です笑。

e0131985_179132.jpg

e0131985_1785271.jpg

中盤によくこのコスプレが出てきたんですけど
最後の方は全然出なくなってしまったので残念・・。
結構好きだったのにな・・・笑。

④内山田教頭のクレスタ破壊

もともとこのGTOはシリアスなシーンも多くあれど
それ以上にギャグ比率の多い作品です。自分はギャグの方が好きです。

そのギャグの中でも、内山田教頭の愛車クレスタの破損は
GTOを語る上では、挙げなければいけない笑。

ちなみに作品中は6回破損しています笑。
そのほとんどが、鬼塚の仕業です。

最後の6回目のクレスタ破損のときの
教頭の名言はもう、笑うしかありません笑。

e0131985_17102498.jpg


~注意点~
 
①怒涛の文字量

非常に「テンポ」が良く、楽しめる作品だけど
物語中盤以降、怒涛の文字量に驚くと思います。

特にギャグシーンにおいては文字量が本当に目立ってきて
正直、読むのに疲れました。あれはちょっと嫌だった。

②序盤→中盤→終盤

序盤は非の打ち所のないほどに面白かった。

だけど中盤から終盤にかけて、感動的なシーンも
ギャグシーンにおいても、面白さが半減している感じがした。

特に心に傷のある生徒の話も
終盤の方のキャラにはあまり感情移入できなかったし
内容もそれほどいいとは思えませんでした。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「GTO」を一言で言うならば

[GTO鬼塚の熱血ストーリー]

王道を貫き、シリアスシーンとギャグのバランスが非常にいい!
特に序盤の面白さは自信を持ってオススメできる。

またシリアスな話としては
IQ200の神埼麗美の話は、なかなか内容も重く、
印象に残るストーリーです。

学園ものとして、すごく感動したり、笑わせてくれる作品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 66%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by Sk8erboy-runaway at 2009-06-15 20:50
GTOは僕も好きです!そういえば先週からまた週刊少年マガジンで続編を連載し始めましたよ。
Commented by anagogogogo at 2009-06-15 20:54
そうなんですよ。連載開始したんで思い出して紹介しました。(読み直した)
マガジンで連載が始まったので、結構楽しみにしています(マガジンはあまり読む作品がないので・・)
by anagogogogo | 2009-06-15 17:16 | ■ マンガ紹介 | Comments(2)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31