コインロッカーのネジ。

今日のマンガ紹介は
「コインロッカーのネジ。」です。

e0131985_0594971.jpg

 

 
○作者 こなみ詔子
○出版社 新書館
○掲載誌 Wings
○発表期間 1990年開始
○巻数 全5巻 文庫版全3巻




■あらすじ

どこまでも続くかのような、会社勤めの決まり切った毎日をおくる八坂弘。親しい人を立て続けに亡くした過去は、彼の手首に深い傷跡として残っている。誰もその傷に触れようとしなかった。目をそらすように。

だがネジは違った。「痛くなかった?」弘の頬に涙が伝った。

こうして弘と、赤ん坊の時にコインロッカーに捨てられていたネジの同居は始まった-----。(コミックス内ページより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
日常人間ドラマ漫画 
~要素方程式~ 
[純粋]×[心の傷]×[少女]
=[不思議]×[人間]


あらすじで多少ネタバレしてしまいましたが、

この作品は、
ある日コインロッカーの前で出会った少女「ネジ」と、
大切な人を亡くした過去を持つ八坂弘
不思議な同居生活が中心に語られていく物語。

傷つける人間、傷つけられる人間、見てみぬふりをする人間。
人間の心情や傷を、なんともストレートに語っていくこの作品。

e0131985_014420.jpg

e0131985_014975.jpg

「補足」:序盤の八坂弘シーン。手首の傷を、見てみぬふりをする同僚。これを見た瞬間、重い作品だと覚悟してしまった・・。すごい衝撃的な始まりだ。

そして何よりそんな作風の中で唯一透明感あるキャラクターのネジ。
何を怒ったらいいの?」と弘に語る、何ものの感情も持てないネジ。

人間の中に潜む様々な心情、辛さ、憎しみ、悲しみなど、
そんな情景を、ネジがやさしく見守っていく。

うん、かなり意味わからない説明ですが笑、
根本はそういう「人間の情景」の演出にあると読んでいて感じました。
とにかく見てみるしかわからんですな・・。

~見所ポイント~
 
①一話完結の哲学感

基本的に、八坂弘とネジを取り巻く、何らかの傷を持った
登場人物たちの人間関係や事件などを通して、
コインロッカーで生まれた少女「ネジ」が、
そっとつぶやくように話しかけ、そして登場人物たちを癒していく。

e0131985_0321417.jpg

e0131985_0322152.jpg

「補足」:弘の手首の傷を、「痛かった?」と聞くネジ。真っ直ぐな純粋な質問。

その一話一話で起きるストーリーは非常に話が重く、
そんな情景を不思議な暖かさで見守るような「ネジ」の存在が、
この作品の見所なんじゃないかと思います。

あ、でもすべて重いわけでもないんです。

特に物語中盤の「雪の伝言」以降を境に、
温かみあるストーリーも多く登場してくるので、
そこまで重いわけでもないんです。

ある意味「雪の伝言」が肝なのかもしれません。色んな意味でさ。

②マンガ表現

マンガには適切な読むスピードがある。

それを台詞だったりコマ割だったりして、
個性を現していくんだと思いますが、なんというか、
この作品は読んでいて酔ってきます笑。

e0131985_074845.jpg

e0131985_075324.jpg

「補足」:大胆なコマ使いと奇抜で繊細な表現。どんなシーンかはあんまり言わないでおく。

あまり読んだ作品数が少ない自分ですが、
コマの表現が多彩で、読むスピードがメチャクチャ。
もちろんいい意味でです。

本当に普通なスピードで読んでいたかと思うと、
急にコマの構図が変わったり、台詞が少なくなったり、
ある意味では「読みにくい」と感じます。これは作者に「操られてる」のかも。

きっと色々と読んでいると感じるので、是非お試しを・・。不思議です。

③センス爆発

台詞や心情の描写が、すごく洗練されていてインパクトがあります。

これを「センス」と一言で片付けるのは申し訳ないですが、
まあセンスが良いってことになるんだと思います。

特に、ネジの発言には、この作品のすべてがかかっているような気もしますが
あの、なんとも言えないネジの発言の数々は、非常に印象的でした。

~注意点~
 
①理解が難しい

非常に独特な雰囲気が出ているので、
読んでいてわからないことも多数出てくる。

それに全体的に台詞は少なく、
表情や画で語る感じなので、
ちょっと「読みにくい」かもしれない。

また、もともとこの作品が
KAMUI-神已-」という作品と関係があるので、
できればそちらを読んでからの方がいいかもしれません
自分もまだ読んでないんですけど笑)。

そうした方が、より登場人物の心情を理解できると思います。

②観念的な気持ち悪さ

女性特有の表現?かどうかわかりませんが、
どうにもこの作品の全体的な雰囲気に、
不気味さと気持ち悪さを自分は感じました。

一話完結のストーリーの中には、気味の悪い性的な描写や、
独特の狂気感や「得体の知れなさ」をすごく感じて、
ちょっと読んでいて気分が良くはなかった。

もともと少女マンガの雰囲気が苦手だからかわかりませんが、
特に文庫版2巻にある「唇 おいしい。」には、
寒気と気持ち悪さを感じた。あれはきつかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コインロッカーのネジ。」を一言で言うならば

[何を怒ったらいいの?]

これはネジの言葉。

コインロッカーで生まれた少女と、大切な人を亡くした八坂弘。
そして、顔が似ているネジと木鳩の二人。ネジの存在の意味。八坂の過去。

読んでいて謎に思う心情やちょっとした不思議な点は多かったかも。

まあ色々とまだわからない点もありますが、
作者独特のセンスを味わってみてください。
自分はあまり好きなジャンルではないかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 59%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by 健太 at 2009-07-06 04:17 x
そうですね、コインロッカーのネジ。は少女マンガの中でも、ある種の異端といえるかもしれないですね。強いて言うなら中性的というかなんというか。
Commented by anagogogogo at 2009-07-06 06:39
健太さんコメントありがとうございます。

う~ん、ネジが最初は明らかに少年のように思えたんですよね。それ以降少女と知ってからは違和感の連続で、これも何か作者の術中にはまったんでしょうか?

ただもしかしたら自分にはあまりに衝撃的で、耐性がなかったのかもしれませんね。どこかが苦手でした。正体はわからないけど。

中性的って言うのはわかるようなわからないような・・。もしかしたら自分が感じた気味の悪さはそこにあるんでしょうかね。これはわかるまで読むしか・・。やっぱり衝撃的だ。
Commented by anagogogogo at 2009-07-06 06:57
あ、もうひとつ。

なんていうか、扱われるテーマとかは、すごく好きで、本来はこういうどこか闇を感じるような作品は好きなはずなんです。
それなのにどうしてここまで「気味の悪さ」を感じたのか、よくよく考えてみると、「ネジ」にあるのかもしれません。

なんていうか、それこそ中性的という意味なのか、「ネジ」の存在があまりに強烈で、純粋で、あの「やさしさ」に自分自身が恐れていたのかもしれません。
かなり世界観に入り込んで読む方なんで、あの「ネジ」の存在があまりに大きくて、絶対的で、怖かったのかなとか思いました。

「心を見られる」ってことは、おそらく誰しもが恐怖を感じると思いますが、まさにそんな感じを、読んでいて味わっていたのかもしれません。うん、難しいです。
Commented by 健太 at 2009-07-06 22:17 x
そうですね。夏男さんのところのブログでの預言者ピッピとかと同じ恐怖かもしれないです。あと天使とか神様とか。行動の全てが有無を言わさず正解になってしまう感じかもしれないです。
Commented by anagogogogo at 2009-07-06 23:18
自分は上手く言葉で言えなくてもどかしいんですが、まさに健太さんが言う、「何も言えない」というか「絶対的」という存在に、恐怖があったんだと思います。それほど「ネジ」が衝撃的だったんだと思います。

あ、というかやっぱり「暗くても」って人は健太さんでしたか・・笑。実は最近そちらのブログでお邪魔してから「暗くても」というHNを、夏男さんのところで見かけたことを思い出しまして、
でも「いや、違いますよ」とか言われたらどうしよう・・とかなんかグチグチ悩んでて、聞けずにいました笑。

奇遇ですよね。違う人のブログで出会うのって・・。
夏男さんのブログは、単純でわかりやすい言葉で、漫画を熱く的確に語っていて、「こんなに漫画を語れる人もいるのか・・」と衝撃を受けてしまいました・・。

自分はあそこまで漫画を語れませんが、すごく参考にさせてもらっています。あとは「預言者ピッピ」も購入しました。まだ読んでませんが、すごく楽しみにしています。

最近になって色んな漫画ブログに出会って、すごく影響を受けています。理想の漫画探しに、明け暮れたいと思います。

Commented by 健太 at 2009-07-07 00:51 x
一番正式なのは暗くても電気を付けないでというブログを書いているという人なんですけどね。それだとちょっと長すぎるので。健太というのは本名です。
Commented by anagogogogo at 2009-07-07 00:57
確かに長すぎです笑。こちらでは健太さんで、そちらのブログでは「暗くても」さんでもいいですかね?ちょっと打つのが・・・。
Commented by 健太 at 2009-07-07 01:15 x
好きに読んでいただければいいですよ。
Commented by anagogogogo at 2009-07-07 01:24
はい、ではさっき言ったような感じで呼ばせてもらいます。
by anagogogogo | 2009-07-06 00:28 | ■ マンガ紹介 | Comments(9)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31