夕凪の街 桜の国


今日のマンガ紹介は「夕凪の街 桜の国」です。

e0131985_1795142.jpg

○作者 こうの史代
○出版社 双葉社
○掲載誌 WEEKLY漫画アクション,漫画アクション
○発売日 2004年10月
○巻数 全1巻




■あらすじ

広島原爆から生き延びた被爆女性と、被爆2世と言われる女性の物語。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
原爆投下後の日常漫画
~要素方程式~ 
[原爆投下]×[広島]×[女性]=[淡い画風]×[切実]


広島原爆投下における、被爆した女性、平野皆実の数年後を描いた「夕凪の街」と、
被爆二世と言われる女性、石川七波の、子供・大人時代を描いた「桜の国」の物語。

e0131985_18233495.jpg

「補足」:原爆ドームを眺める平野皆実のシーン。

説明すると二本立てのような感じがしますが、
「夕凪の街」の平野皆実の弟の旭は「桜の国」でも登場し、
その旭の子供が「桜の国」の主人公である七波なので
舞台は少し違うものの、ストーリーはつながっていると考えてよいです。

多少読んでいて、家系図が欲しくなりますが笑、
まあ注意して読んでいればわかるので、そこは大丈夫です。

夕凪の街、桜の国(子供時代)、桜の国(大人時代)の計3部作ですが
総ページ数は100程度なので、非常に読みやすく、そして濃い内容です。

~見所ポイント~

①人に焦点を当てた

まず一番の見所は「人に焦点を当てた作風」かもしれない。

こういった作品の多くは、原爆シーンや、恐ろしさの描写が多く、
正直自分は、「過去の惨劇や恐怖」を現代の自分が知る意味がわからず、
かなりモヤモヤを持ってるし、必要があるとは心から思っていない。

しかしこの作品は、「原爆の恐ろしさや被害」を伝えるというよりは、
原爆が人間に与えた心の傷」のようなものが中心に描かれている。

e0131985_18251499.jpg

「補足」:平野皆実が打越とのキス場面で、過去の悪夢に囲まれるカット。

これは新鮮というか、これこそ「原爆投下を後世に伝える意味」のような、
重要で、必要のあることなんじゃないかと思ったわけです。

だから、これを読んで、そのモヤモヤが消えたかもしれない。
そうだ「原爆の恐ろしさ」じゃなく、「原爆が人間に与えたこと」が重要だ。

そういう意味では、ほとんどが日常の中の人間ドラマなので、
まず押しつけがましくないというか、「伝え方」に感心する。

e0131985_1981489.jpg

「補足」:バスの中で東子に想いを伝える七波。被爆への想い。

確かに、作品中は、原爆被害のシーンは少なく、
原爆投下後の「人それぞれの想い」のような描写が多い。

幸せになることを恐れる皆実の想い
被爆二世としてや原爆の意味を考える七波の想い
弟の手紙、凪生の想いと、それに立ち向かう東子の想い

本当に切実で、それでいて温かくも感じる想いがまず見所。

e0131985_18322331.jpg

「補足」:弟の凪生が東子に宛てた手紙の文面を見る七波。被爆の人間の想いと葛藤。

作者自身の想いも、あとがきに書かれていて、
その真摯に立ち向かおうとする想いに、まず好感が持てた。

②淡く古い画風

画風もまた個性的というか、古臭いというか。
まさにこの作品のテーマにあっているような、
どこか淡く、そして落ち着く画風です。

e0131985_183099.jpg

「補足」:過去の夕凪の街と現在の野原の見開き。作品内でも珠玉のカット

特に上に乗せた見開きページは、かなり心揺さぶられた。

原爆の集落で暮らしていた過去と、
現在は野原になった場面の対比。

風が吹かない過去の夕凪の街と、風の吹く現代の野原。
これはやばい。ここは本当にすごい見開きなので見所。

③強烈な言葉群

総ページ100程度のお話の中に、
すごく端的にまとめられたストーリー。

平野皆実の人生、七波の想いと、弟の凪生と同級生の東子の恋、
どれも端的で、それでいて心揺さぶられる場面がここぞとあるので
そこは見所ですし、そこは期待して見ていいと思います。

何より作品中の”想い”を表す言葉群は強烈で切実です。

e0131985_18314834.jpg

e0131985_18315365.jpg


特に作品内の言葉群でも強烈だったのは、
夕凪の街の平野皆実のこの言葉だ。

「嬉しい?

十年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
『やった! またひとり殺せた』
とちゃんと思うてくれとる?」


生きる意味を探していた平野皆実が、
死ぬ意味」もわからないという事実。

これは正直、自分には重すぎました・・・。

~注意点~

①楽しい漫画じゃない

作者が伝えたい「原爆が人に与えた傷」のようなものを
真摯に「漫画」という媒体を使って伝えている”のみ”なので

漫画としての「エンターテイメント」や「娯楽」はなく、
そういう意味では、非常に重く、辛い読後感は覚悟して下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夕凪の街 桜の国」を一言で言うならば

原爆投下が人に与えたこと

原爆の恐ろしさではなく、原爆が人に与えたことを描くこの作品。
自分のモヤモヤさえも解決させてくれた、とてもいい作品だった。

まだまだこのテーマに関して、知識も感心も薄い自分ですが、
やはり「人が死んだ」という事実に対して、どうゆう心構えを持っていくか、
少なくとも最低限の知識と、自分の意志を持っていかなければいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 74%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      {100%} ・・・・・ マンガ作品の限界到達点。魂揺さぶる頂点。     
   {99~90%} ・・・・・ 想像を超えた衝撃を受けた。作者に尊敬の念。
   {89~80%} ・・・・・ 想像の範囲内で大好きです。感謝しています。  
   {79~70%} ・・・・・ 好きでもう1回読みたいと思える。オススメできる。  
   {69~60%} ・・・・・ 好きだけどもう1回は・・と感じる。なかなか好き。   
   {59~50%} ・・・・・ そこそこ楽しめたと言えると思う。普通に楽しめた。
   {49~40%} ・・・・・ 読んでいてある程度魅力を感じた。悪くはない。     
   {39~30%} ・・・・・ 普通。可もなく不可もなく。特に言うこともなく。
   {29~20%} ・・・・・ ちょっとだけは魅力を感じた。正直好きではない。   
   {19~10%} ・・・・・ 嫌悪感のようなものを感じた。イライラしてくる。
   {09~00%} ・・・・・ マンガ作品の限界最下層。魂揺さぶる底辺。        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by ITSUKI at 2009-11-01 12:45 x
割と良い評価なようで良かったw
原爆が人に与えたもの、の一つとして東子もそうなんですよね。
「桜の国」冒頭で七波と東子が「将来の夢」の作文の宿題の話をしていますが、東子は一度書いた物を全部書き変えたんですよね。
これは、病院で凪生に出会ったからだと思ってます。
その結果、数年後の世界では東子は看護師となって働いているのでしょう。これもある意味原爆が人に与えた影響なのかもしれませんが、こういう伏線の張り方もさりげなく上手いと思いました。

面白い・面白くはない、という意見はまぁ何をもって面白いとするかによりますよね^^;
自分のレビューも面白かったというよりは、「読んで良かった・この作品に出会えてよかった」という評価で点数をかなりあげてますので。
Commented by anagogogogo at 2009-11-01 13:33
ITSUKIさんへ

まさしくそうですねぇ。東子の健気というか、真摯な想いもよく現れていて、すごく良かったです。作品中の台詞や文章に力があると、かなり好きな作品になるような気がします。今回の作品も、すごく文章やセリフに力を感じたし、見開きページなんかもすごく「おお」を思えたので、かなり好きになれました。

レビューの方は、また今一度評価を考えてみようと思います。おそらく少しだけ意味合いを変えて、今まで通りになると思いますが。まあ、難しく考えすぎないで「好み」としてやっていこうと思います♪
Commented by anagogogogo at 2009-11-01 13:46
話変わりますが、「漫画」で泣いたことはないな~と最近思ってて、逆に「小説」では泣いたことはあるんですが。
おそらく「漫画」は、作者が映像を用意してくれるので、その分「小説」は自分で映像を作るので、その違いかなぁと。あとノンフィクションものに弱いんですよ自分。もうノンフィクションです的なだけで、なんでも泣きそうになってしまう弱点があります笑。むしろそれ以外のジャンルでは泣いたことがないかもしれない・・。
Commented by ITSUKI at 2009-11-01 22:44 x
これ↓は自分が漫画レビュードットコムの自己紹介内に書いてある内容の一部なんですが・・

「面白い」って思う基準はホント様々で「感動した」「燃えた」「絵がうまい」「ほんわかした」「先が読めない」「しっかり終わらせた」などなど・・
レビューの際にそれぞれに点数をつけられて、総合で何点とかつけられるといいのですが・・

まさにアナゴさんと同じ様な事考えてますねw
ただ、自分は「娯楽やエンタテイメント」でなければ「面白い」とはいえないとは思っていません。
作者の伝えたい事に強く共感できたり、影響を受けたり、そういう事からも「良い作品だ」と思えたら「面白かった」って評価します。
(これは単に「面白い」って単語をどう解釈してるかの違いですねw)
Commented by ITSUKI at 2009-11-01 22:53 x
また、漫画で泣いた事もないですねぇ。とはいえ、小説や映画でも泣いた事がない元から涙腺があんまり緩くない人間ですので・・・
あんまり表情には出ないんですが、読んでいて感動して鳥肌がたったり、面白くって脳汁でまくる様な事はよくあります。
例をあげるなら「ジョジョ4部」のバイツァ・ダスト編、吉良が振り向くとそこに仗助がいる見開きの瞬間とかでしょうかw
感動して鳥肌 はスラダンでの試合終了の瞬間とか・・
ノンフィクションはそりゃあ感情移入しやすいですからね。でも自分は漫画は結構現実逃避できる内容の方が好きかもしれませんw
Commented by anagogogogo at 2009-11-01 23:17
ITSUKIさんへ

確かに「面白い」の枠の広さの問題ですね笑。「素晴らしい」と思うのも「面白い」に入るとか入らないとか色々。

レビューの評価はまさにそれが悩みの種で、「完成度」とか「画の雰囲気」とか、ピンからキリまであって、どれに重点置くかで、結局評価が変わるんですよね~。
自分は結局「何か一部分、想像以上の個性」を強く感じたら、高評価にしようかな~と考えました。まあ画風とかその他もろもろ、やっぱり「好み」に傾きますが・・・。娯楽やエンタテイメントに関しては、漫画に必要と考える自分にとっては、それも評価軸のような気もします。やっぱ何か評価するときって、色々悩んで難しいです・・。
Commented by anagogogogo at 2009-11-01 23:21
映画でも泣いたことないのはすごいかもしれない・・。映画はもう・・直に映像化されているのでやばいです・・。
ジョジョの第4部は話し出すと読みたくなるのでカットで笑。
スラダンのラストは・・・・ああ・・あれもやばいです笑。

現実逃避できるのも確かにいいかも。その世界に連れてってくれる感じは、自分も漫画に求めてますね。ただホラー系は、日常生活に影響を及ぼすので、かなり苦手です笑。と、言いつつも楳図かすおさんのファンっていう、なんとも言えない矛盾ですが・・w
by anagogogogo | 2009-10-31 18:45 | ■ マンガ紹介 | Comments(7)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31