ボーイズ・オン・ザ・ラン

今日のマンガ紹介は
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」です。

e0131985_19574634.jpg
 
 
 
○作者 花沢健吾
○出版社 小学館
○掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
○発表期間 2005年~2008年
○巻数 全10巻




■あらすじ
妄想ばかりの三十路目前、超等身大ダメ男・田西敏行、27歳は玩具を取り扱う会社に勤務している平凡な青年。職場の飲み会で憧れの後輩・植村ちはると初めて話をし、二人の仲は徐々に進展していくが、残酷で不条理な現実の前に翻弄される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
遅咲き青春奮闘漫画 
~要素方程式~ 
[遅咲き]×[恋愛]×[非モテ男]
=[無茶]×[苦茶]


 
27歳、彼女無し、平凡社員・・・・
この作品の主人公である田西敏行は、三十路に近づいていく中で、
何もしてこなかった自分」に対しての憤りを抱えていた。

そんな中、密かに想いを寄せる後輩のちはるちゃんとの接近から、
田西敏行のこれまでにない青春劇が始まっていく。

e0131985_1442672.jpg


基本的にはあらすじで大方予想はつくように、
ダメ男の遅咲き青春漫画」といった説明ができる作品です。

そして、「何もしてこなかった自分」に対して、
「大好きな女性の為」をベースに、突き進んでいく主人公が魅力。

全10巻のうち、前半は植村ちはるちゃんとのストーリーで、
後半は、ボクシングジムに通う大巌花という女性との話に分類できます。

~見所ポイント~
 
①突き進む田西敏行

青春時代を全く何もなかったように生きた27歳の主人公は、
憧れの後輩のちはるちゃんとの接近から、ようやく青春という部分に
真正面から真剣に突き進んでいく事になる。

この作品の一番の魅力は
何もしてこなかった人間が、何かに夢中になって成長を遂げる
というようなものでは決してなく笑、

何かに夢中になって無理に突き進んでも、報われるわけではないんだよ
という、非常に悔しく、もどかしく、後味の悪さにある。

これはもう見ていて辛い。

この作品では、主人公のその悔しさは「パンチ」を「敵」にぶつけるという
わかりやすい構図で、物語が展開されていく。

前半の植村ちはるちゃんとの物語では、ちはるちゃんを捨てた青山という男性に
果たし状を申し込み、近くの公園での決闘にて挑戦する。

e0131985_148160.jpg


後半の大巌花との物語では、花を苦しめる源という男のケンカ対決で挑戦する。

e0131985_1482720.jpg


普通の漫画作品ならきっと、主人公は死闘の末に敵を倒すのがセオリーだけれど
この作品ではどうなるか。そこは是非確認をして欲しい。とても見ていて辛い。

②強烈な植村ちはる

全10巻のうち前半は、植村ちはるちゃんとの恋愛物語が中心です。
八重歯を気にする屈託のない笑顔のちはるちゃんは、少し小悪魔的な要素はあるものの
何かすごく男心をくすぐる要素を兼ね備えていて、すごく魅力的です。

e0131985_1483992.jpg


ここは作者の理想像がすごく投影されている気もしないでもないですが、
植村ちはるちゃんの魅力はやっぱりすごい。でも後半の扱いは・・・・笑。

③ボクシングトレーナー大巌花

物語後半からは、ボクシングジムトレーナーの花という女性との話がメインに。

まあ色々な事がありすぎて笑、田西はボクシングジムで本格的に修業を積むんですが、
その花という女性に好意を抱いて、前半同様に突き進んでいく事になります。
それが報われるか報われないかは別として・・・。

e0131985_1493439.jpg


この花という女性は耳が不自由で、ボクシングジムのトレーナー兼、
美術のヌードモデルも行っているなど、非常にアクティブな生活をしている。
この花という女性も、すごく実直で芯がぶれない強い女性であり魅力的。

④5巻まで見ればそれで良い

とりあえず5巻まで読めばあとはもういらないかもしれない笑。
この作品の本質というか、テーマがそのまま垂れ流しに描かれている汗。
どうしてもここは言っておきたいので、ネタばれですが書いちゃいます。

ちはるちゃん編ラストのシーン。
自分を振った男性の青山と、自分に好意を持つ田西がケンカをする。
そのケンカを止めて欲しいと思いつつも、ちはるは田舎に帰る為に電車に。
ホームから電車に乗る瞬間、傷だらけの自分に好意を持つ田西が目の前に登場。

こんな劇的かつ漫画のようなシーンが訪れたら、もう後は二人は・・・・

e0131985_14105287.jpg


と、「漫画を見慣れた読者」はそう思ってしまうかもしれない。
ただこの漫画は「突き進んだって上手くいくとは限らん」という軸がある。

この後の二人の、ホームでの数コマは、感じた事のない衝撃シーンだった。
正直あんなホームでのシーンは、かつて見たことがない。ここは必読です笑。

~注意点~
 
①報われない、報われないよ

何をやってもダメな主人公が、努力をして奮闘して成功する。
こんな部分は、漫画として非常にセオリーで、ある意味では読者もそこを期待している。

ただ現実というものは「漫画のようには上手くいかない」というのもセオリーだ。
そういう部分を、一巡してきて「漫画のように上手くいかない」という部分を
漫画で描いてみました」というような印象が、非常に強い作品。

この報われなさ、悔しさ、浅はかさ等、見ていて絶妙にすっきりしない。
後味の悪さとか、気持ちの落胆に関しては、ものすごく衝撃があるので注意。

②物語の構成

報われない主人公」にとことん焦点を絞っていますが、
所々の物語の進行や、漫画の8割がボクシングになりつつある構成とか笑、
まさに主人公田西の生き様そのままで物語自体も進んでいくので、読みづらい。

展開が読めないというか、掴みどころがないというか、構成には疑問。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を一言で言うならば

「報われぬ男わからない女」

どう生きれば正解なのか、何が成功なのか、女は何を考えているのか、
遅咲きの青春劇は見ていて爽快、見た後は後悔。後味の悪さは一級品。

植村ちはる、大巌花など、女性群もどこかネジがずれているがすごく魅力的。

読んでいる最中はすごく夢中になれるけど、読んだ後は絶妙に後味が悪い。
それでもやっぱり「突き進むダメな主人公」には多くの人が共感できる・・かな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 68%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2012-07-16 14:20 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31