ぼくんち


今日のマンガ紹介は「ぼくんち」です。

e0131985_16491034.jpg

○作者 西原理恵子
○出版社 小学館
○掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
○発表期間 1995~1998年
○巻数 全3巻




■あらすじ
 「ぼくのすんでいるところは―/山と海しかない しずかな町で―/はしに行くとどんどん貧乏になる。/そのいちばん はしっこが/ぼくの家だ―」。腹違いの兄、一太。突然現れた、美しくてやさしい年の離れた姉、神子(かのこ)。そして「ぼく」、二太。クスリを売る。体を売る。金を貸す。とりたてる。この町の多くの大人たちは、そんなふうにして生きている。
 神子ねえちゃんは言う。「泣いたらハラがふくれるかあ。泣いてるヒマがあったら、笑ええ!!」。ヤク中の父を亡くしたばかりの少女は、うまく泣くことさえできずに、不思議そうにこう言う。「息するたびにな、ノドの奥に小石みたいのがたまるんよ。食い物の味わからへん」。むき出しの現実を見ながら、幼い心にいくつもの決意を刻んで「ぼく」は成長していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
劣悪貧乏街日常漫画
~要素方程式~ 
[劣悪環境]×[絵本]×[暴力]=[ギャップ]×[衝撃展開]


全3巻。見開きで1話終了の絵本チックな漫画。
内容は、どうしようもない貧乏街で、強く生きようとする兄弟と、
ある日突然お母さんが連れてきた姉との、日常がメインのお話。

e0131985_18202776.jpg


絵本のような雰囲気とは裏腹に内容は不幸で劇的で見ていて辛い。
そんなギャップや、所々の重いセリフがピカイチに光るそんな漫画です。

~見所ポイント~

①重く、劇的で、強い

まずはこの物語の主人公の男兄弟が住んでいる貧乏街は
非常に劣悪で、環境が悪く、住んでいる人間も普通ではない奴らばかりだ。

シャブやら盗みを続ける兄ちゃんやら、部屋で死んだ親父を間近に寝る少女とか、
とにもかくにも、絵本のような画風で、内容は最底辺でゲスイ。

e0131985_18211641.jpg


ただ、そんな劣悪な環境下にいても、登場する人物は
とにかく強くたくましく笑顔なのである。

e0131985_18234834.jpg


そんな人間の強さというか、弱さというか、「人間味」を強く感じる。
そんなところはすごく見所。心にズシンと来る場面は本当に多い。

②強い笑顔

基本的には、人間は「幸せ」になろうと生きるはずだと思う。
それでも、自分自身の問題だったり、劣悪な環境だったり、
色々な理由でそう簡単に「幸せ」ってのがやってくるとも限らない。

この漫画作品でも、劣悪な環境化にいる登場人物達は、
決して幸せとは言えない状況化にいて、読んでいて辛い話しばかりだ。

e0131985_18215974.jpg


それでも、驚くばかりか、登場人物達には常に笑顔がある。
それも、半円の線の目に、上がった口だけの、記号のような笑顔だ。
その笑顔は、普通に見れば単純な笑顔だけれども、

内容が内容だけあって、その単純な笑顔に潜む感情は、
読者それぞれが違う意味を持つし、絵本画風と辛い内容のギャップは強い。

③幸せって・・・

結局のところ「幸せ」ってのは何なのか。

e0131985_18221853.jpg


物語終盤、離ればなれになってしまうだろう、そんな兄弟たちの予感の中、
かの子姉ちゃんは「昔に幸せを埋めたというタイムカプセル」を浜辺に探しに行くが、
それを見つけることができずに佇むシーンがある。非常に見ていて辛かった。

e0131985_18223045.jpg


基本的に、この漫画作品に登場する人物達は、劣悪な環境にいつつも、
芯は強く、たくましく生きている事は間違いない。幸せかどうかは別として。

事実、この作品内では明確に「幸せ」を手にしている人物はいない。

~注意点~

①不幸自慢

内容が「劣悪な環境化で、それでも必死で生きる」という印象が強い為、
不幸自慢」や「お涙頂戴」のような、嫌悪感を感じる可能性はある。

そしてそれに拍車をかけている「絵本のような画風」のギャップも
狙っている」というか、「あざとい」という印象を持っていくとダメかも。

決してそれが「作者の狙い」ではなくとも。

②下ネタ、暴力、性的内容

内容がとにかく重くてゲスいです。
ただ、兄弟の一太と二太にお母さんが、名前は「私に乗った男の順番や」など
結構ギャグチックなところもあるので明るく面白いですが笑、

基本的には内容は重く、読んでいて辛いのはしょうがない・・か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぼくんち」を一言で言うならば

「しあわせってなんやろう?」

絵本のような画風と、恐ろしい劇的内容のギャップが印象的。

劇的な内容の中で見せる、記号のような笑顔をどう読みとるか。
読者に委ねられている所が大きく、すごく感慨深い内容です。

逆を返せば、明確な結論もなければ、表情も記号のようで、
作者の投げっぱなし、不幸自慢な印象でそのまま終えてしまう可能性もある。

賛否両論があるだろうこの作品。

最後の最後の、本当の最後の1コマ。

こうゆう時は、笑うんや

二太の笑顔を「強い」と思うか「悲しい」と思うか
結局この作品の魅力は、そういう「読みとり」なんだろうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 74%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      {100%} ・・・・・ マンガ作品の限界到達点。魂揺さぶる頂点。     
   {99~90%} ・・・・・ 想像を超えた衝撃を受けた。作者に尊敬の念。
   {89~80%} ・・・・・ 想像の範囲内で大好きです。感謝しています。  
   {79~70%} ・・・・・ 好きでもう1回読みたいと思える。オススメできる。  
   {69~60%} ・・・・・ 好きだけどもう1回は・・と感じる。なかなか好き。   
   {59~50%} ・・・・・ そこそこ楽しめたと言えると思う。普通に楽しめた。
   {49~40%} ・・・・・ 読んでいてある程度魅力を感じた。悪くはない。     
   {39~30%} ・・・・・ 普通。可もなく不可もなく。特に言うこともなく。
   {29~20%} ・・・・・ ちょっとだけは魅力を感じた。正直好きではない。   
   {19~10%} ・・・・・ 嫌悪感のようなものを感じた。イライラしてくる。
   {09~00%} ・・・・・ マンガ作品の限界最下層。魂揺さぶる底辺。        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2012-11-28 18:30 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30