恋は雨上がりのように

今日のマンガ紹介は
「恋は雨上がりのように」です。

e0131985_0584238.jpg

 

 
○作者 眉月じゅん
○出版社 小学館
○掲載誌 ビッグコミックス
○発表期間 2014~
○巻数 4巻(2016年1月時点)




■あらすじ

少女17歳。片想い相手は冴えないおじさん

橘あきら。17歳。高校2年生。
感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
その相手はバイト先のファミレス店長。

ちょっと寝ぐせがついてて、たまにチャックが開いてて、
後頭部には10円ハゲのあるそんな冴えないおじさん。

海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と
人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす小さな恋のものがたり。
(amazonレビューより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
[女子高生純愛片想い漫画] 
~要素方程式~ 
[JK]×[おっさん]×[純愛]
=[年の差]×[純粋感情]



17歳の純粋な女子高生である橘あきらは、純粋な片想い中。
しかしその片想い相手は、バイト先の冴えないおじさん45歳。

e0131985_1233874.jpg


女子高生の純粋な片想いは、バイト先の冴えないおじさんに向けられ
そのまっすぐな想いは45歳のおじさんには純粋すぎるが故に戸惑いを見せる。

年の差ギャップがあるこの片想いの行方はどうなるのか。
そんな情景を、静かに、表情で、しぐさで、五感で伝えてくる作品。

~見所ポイント~
 
①橘あきら17歳

純粋な片想いをしている女子高生の橘あきら。

e0131985_1234956.jpg


彼女は無口であまり感情を出さない少し不思議な雰囲気を持つ女の子。
そしてその片想いの相手は、バイト先の冴えないおじさんなのです。

いやぁ、なんと言ってもこの「冴えないおじさんに片想い」という設定が、
やはりこの作品の魅力でもあり爆弾でもあるところで、彼女の魅力にも繋がっていく。

友達には「枯れ系」と呼ばれ、ストラップの趣味も悪いといじられても、
それでも自分の感情には疑問を持たない純粋な恋心は見ていて心動かされる。

②近藤正己 45歳

17歳の女子高生に片想いで迫られる冴えないおじさんの近藤正己。

e0131985_124458.jpg


彼はバツイチで10円ハゲを持ちズボンのチャックも開いているような冴えない45歳。
自分でもその認識は十二分に持っている為、女子高生の純粋な片想いに戸惑ってしまう。

彼の魅力は「冴えないおじさん」を代表している面もある為か
意識的にそこまで「良い面」というものは積極的には描かれない。

その姿は本当にどこにでもいそうなおじさんなのです。
ある意味漫画作品という主人公級の重要人物にこういう描き方をするのは
かなりの挑戦なのかもしれない。本当に普通のおじさんです!

③表情・しぐさ・五感

この作品の突出したもうひとつの魅力は「落ち着いた情景」です。

一見、「無口な女子高生」と聞くと、ありふれた漫画作品でよくあると言えばある
「感情は出さないが心の中では違うツンデレ女子高生」のような作品を思い浮かべてしまいますが

この作品、モノローグや心の声は意外に少なく、表情・しぐさを落ち着いた情景と共に伝えてくる。

e0131985_1242120.jpg


この部分は、決して文字や言葉だけではない「感覚的」な部分での表現方法が強く
それは「読みやすく」かつ「読み応え」があるという不思議な読み心地を感じます。

ここは是非読んで感じて欲しい。五感に訴える表現が実は非常に多く登場している。

~注意点~
 
①年の差ギャップ

この作品、すごく綺麗で、落ち着いた雰囲気の恋愛作品としては
もうすごく面白くて読みやすいし、かなり完成度は高くオススメできるんですが

ただ一点、この作品の注意点は、「女子高生の純粋な感情」という部分。

女子高生は年の差に対して違和感を感じずに純粋な感情を持ち
おじさんは年の差に対して違和感を感じて、とにかく戸惑ってしまう

そしてその「違和感」は「どうして好きになったのか」という疑問だと思う。

そういう世間一般的な疑問を、実は作品内でおじさんは女子高生に聞いてしまう。

e0131985_1243658.jpg


それでもやっぱり明確な感情は語られないわけで(ファミレスのシーンはあったけど)
そうなるとこの女子高生が年の差に対しての疑問を全く持たない恋愛感情は
どうしても読んでいて違和感を感じてしまう。これは評価を二分してしまう注意点。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「恋は雨上がりのように」を一言で言うならば

「好きに理由はいりますか」

女子高生の純粋な恋愛感情と年の差ギャップを織り交ぜた本作品は、
純粋な片想い作品であり、おじさんにもドキドキしてしまう場面が登場する。

純粋でまっすぐな女子高生と、純粋さに戸惑うおじさん。
この二人がどのような関係で物語が進んでいくのが気になるところです。

そして何より情景的で、表情・しぐさ・五感で訴えるような表現が
作品全体の「落ち着き」と「読みやすさ」に繋がり、心地よい読み心地が魅力。

女子高生の純粋感情が、「さすがに…」と引いてしまえば最後ですが
総じて作品としては非常に魅力的で面白く、かなりおススメできる作品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 77%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by キナコ at 2017-02-03 15:25 x
心地よい読み心地が魅力。
とは、まさにその通りですね。

ぼっーと教室から彼女が飛行機を眺めているときの夏の空とかとても綺麗に描かれていたり。ストーリーと絵が美しくマッチしていると思います。
何度も繰り返し読みたくなる大好きなマンガです。
Commented by anagogogogo at 2017-02-03 20:22
キナコさんへ

飛行機のシーンわかります。
ああいう情景描写が豊かで「余白」を持たせる作品って
最近のマンガではあまりない「魅力」だと読んでいて思います。

それが結局「読みやすさ」につながりながらも
再読感をかきたてるようなところにこの作品の神髄を感じます。
by anagogogogo | 2016-03-28 01:26 | ■ マンガ紹介 | Comments(2)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31