今日のマンガ(2016/09/28)


今日は1冊だけマンガを購入♪

e0131985_22522696.jpg

「僕は麻里のなか」の最終9巻をゲット。

※以下は大きくネタバレ↓


まさか最終巻だとは思わず
途中でコミック帯で完結に気付きながら読み終えました笑。

途中思ったよりも「入れ替わり系」というよりは
かなり「ゆるゆる」で「どろどろ」とした内面描写が濃くなり
少し中だるみを感じながら読んでいましたが

最終巻は色々と伏線を回収しつつも
あまり説明じみた感じもなく良い終わり方に感じました。


あるひ美少女とオタクが入れ替わってしまったスタートから
基本軸はその美少女の精神の行方を家族や過去などから近づき進み
ミステリアスと重い内面描写が繰り返すような作品でした。

最終的には

物語冒頭から入れ替わりで展開されていたオタク(小森)は
美少女(麻里)が作り出した架空人格であったということ。

これがこの物語の真実で、
それでも読み終えたときにそのことは
実はどうでもよかったような感覚も強く

それは決してこの作品がどうでもいいということではなく笑、
小森が誰だとか、麻里が誰だとかの、精神の行方が重要なのではなく
この作品は押見先生特有の「内面描写」こそが根本だということ。

今までの過去作品は、どちらかと言えばその「内面描写」は

「毛」「汚セリフ」「サキュバス」などのキャッチーな要素から
少しずつ押見ワールドに引っ張っていくようなものが多かったのですが

今回はわりと普通で日常あふれる物語のなかで
作者特有の「内面描写」をじっくり煮詰めたような印象でした。

ミステリアスでありながら説明は異常に少ないし
内面描写もじっくりとゆっくりと展開されていった今回の作品は

実は結構「退屈」に思ってしまう人も多い気もしますが
個人的には好きな作品でした。ただ「惡の華」はやっぱり好きですが。


そして実は忘れてはいけない点は

女性キャラの上手さがどんどんレベルが上がってきて
今回はかなり線種も淡い描き方が目立ちましたが
ところどころで登場する女性キャラの表情には魅せられました。

完結もしたのでまた近いうちにマンガ紹介をしていきたいと思います。
押見先生はほとんど読んでいるので、一気に連続紹介でも面白いかも。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
by anagogogogo | 2016-09-28 23:18 | ■ 買ったマンガ | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31