イキガミ

今日のマンガ紹介は「イキガミ」です。

e0131985_0212483.jpg

 

  
○作者 間瀬元朗 
○出版社 小学館 
○掲載誌 週刊ヤングサンデー 
○発表期間 2005-2012 
○巻数 全10巻




■あらすじ 
 
国家繁栄維持法(通称「国繁」)
 
この法律は平和な社会に暮らす国民に対し、「死」への恐怖感を植え付けることによって「生命の価値」を再認識させる事を目的としている。国民は、この法律によって誰にカプセルが注入されたかを知ることができない。カプセルの確率は1000に1の割合。カプセルは体内で破裂し、対象者の命は消える。対象者は、死亡24時間前に、通知を受ける。

国民はその時期(死亡予定の18~24歳の)が来るまで「自分は死ぬのでは」という危機感を常に持ちながら成長することになる。その「危機感」こそが「生命の価値」に対する国民の意識を高め、社会の生産性を向上させる。   

藤本 賢吾(ふじもと けんご)は、そんな対象者に逝紙(イキガミ)という死亡予告書を配達し、対象者に24時間の死亡予告を伝える仕事をしている。本人はこの仕事を誇りに持つが、この時世に対して疑問を持っていくことになる・・・。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

~ジャンル分類~ 
ヒューマンドラマ漫画  
~要素方程式~ 
[登場人物]×[24時間期限]
=[人間ドラマ]×[名場面]

 
国家繁栄維持法により、
24時間以内に死を宣告する
といった極限状態を漫画内に作り、
人間の命の尊さや大切さを伝えるヒューマンドラマです。

基本的に、主人公は逝紙を届けられてしまった対象者だが
「届ける側」としての視点で、藤本賢吾も物語に関わってくる。

e0131985_18273124.jpg

設定が非常にインパクトがあって
これがこの漫画の要素を占めていると言っていい。

ストーリーとしては

①藤本が逝紙を届ける
②対象者が事件を起こす
③藤本と上司が物語を総括

こんな感じですかね。

~見所ポイント~
  
①国家繁栄維持法
 
24時間以内という、
命の期限をテーマにしているところに
この漫画の根本が掛かっています。

e0131985_18292159.jpg
 
その24時間という期間を登場人物に与え
そこで、その人間が最後にどういった行動をとるか
どういった人間の尊さが感じられるか
ここが、この漫画の一番の見所ポイントです。

基本的に一話完結型で、
コミック1冊に大体二つのエピソードです。

ですのでどの巻からも見れる作品ですね。

~注意点~
 
①全体的な雰囲気

24時間という期間の中での人間ドラマが
「感動」や「深み」を誘う一番の見所なんですが

個人的に言わせてもらうと、すごく薄っぺらく感じた。

いや、「薄い」というよりは、「クサい」というかなんというか
この作品そのもののセンスや伝え方が好きになれなかった。

例えば、少しそのセンスというものを紹介してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若者コンビバンドの二人組みの片方に逝紙が届く話。

ほとんど人気がでなかった若者ストリートバンドは
ある日、音楽事務所からスカウトされた。しかし実状は、
ボーカルのひとりだけがスカウトされたのであった。

ボーカルは、その事務所のコンビと組むことになり
話し合いの末ボーカルは作曲担当に
お前の曲は弱いんだよ」と言い放ち解散。

それからしばらくして、なんとボーカルに「逝紙」が届いてしまう。
彼は、残り一日となった命の中、別れてしまった友達の大切さを
実感し、ラジオの生中継で、急遽コンビのときに歌っていた曲を歌った。

曲を歌い終わったと同時に彼は死亡。
生中継ということもあって、そこで歌われた曲は
大注目され、反響がすさまじかったと言う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そしてこの出来事について話す
藤本賢吾とその上司の、あるひとコマ・・。

e0131985_18301058.jpg

e0131985_18301790.jpg


う~ん・・・・・・・ん~・・・・・・・

ふざけんな。ここまで漫画で怒ったことはない。

これは人それぞれなんであまり言えませんが
今の最後の上司の台詞を聞いて寒気がしたら
この作品はオススメできないです。そこは注意です。

たぶん自分が何故この作品を嫌いなのか考えてみると
逝紙を届けている人間が、死に向かっていく対象者について
さっき載せたコマのように、「他人事のように総括する」というのが
すごく嫌悪感を感じるのかもしれない。

だって、こんな危険な法律を制定しただけでも
通知に関わる人間」というのは、責任があるはず。

それなのに逝紙の通知をしている人間
通知された人間」の人生を語る。この構図が嫌いなのかも。

この作品の世界観の設定において、
届けた人間」には「届けられた人間」を語る資格なんて
絶対ないと思うんですよね。「もう、お前なにもしゃべるな」って
思っちゃうからなのかもしれない。うん、たぶんそうだ。

どう思いますか?自分はそういった理由で好きになれない。

というか注意点にここまで書き込んだのは初めてだ笑。
もうやめときます。たぶん書き出したらキリがない・・。

最後に一言。。

この作品の設定には文句は無いけど
設定の状況下にいる人間にリアルさがない。


②設定というより過程?

この国家繁栄維持法については、
まあ漫画作品なので、「現実味」がないという気はありません。
むしろ漫画作品としては、面白いアイデアだと思います。

ただ、この作品の「国家繁栄維持法」に
国民が納得し過ぎていたり、この法律が制定される過程の描写が
何一つ描かれていなかったから、リアルさに欠け、
内容も薄っぺらく感じてしまうかもしれない。

設定だけが光っていて、それ以外の要素で
魅力を感じることが難しかった印象でした。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
この「イキガミ」と言う漫画を、一言で言うならば 
 
[命の価値を問う人間ドラマ] 
 
う~ん、ここまで嫌悪感を感じた作品もなかなかない。
自分はちょっと無理です。絶対に好きになれない。申し訳ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 18%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by at 2016-05-30 06:24 x
よくわかります
この年齢的に安全圏にいるバーコードおじさんに逝紙を届けて
「逝く紙になるのも、生きる紙になるのも、最後の一日のあなたしだいです☆」
っていってやりたいです
Commented by anagogogogo at 2016-05-31 01:02
あさんへ

コメントありがとうございます!!
イキガミは記事にも書いたとおり、「届ける人」と「届けられる人」の関係性をもっと慎重に描くべきだなと感じています。
もしくは、まずはやっぱりこの国家繁栄維持法が制定されるまでの世論だとか議論を繰り返す物語が無いと、世界観にすんなりと入ることができませんでした。
Commented by キナコ at 2017-02-04 19:53 x
アナゴさんの考察はいつも鋭くて今回も考えさせられました。
イキガミを受け取る立場側に立つとき、渡す側の倫理観まで押し付けられたくないですよね。こんな国家は成立しないししてほしくないです。
私はイキガミを「疲れた時に思いっきり泣けるマンガ」ぐらいのカテゴリーに入れておりました汗
Commented by anagogogogo at 2017-02-04 22:40
キナコさんへ

普段は注意点や批判は避けているのですが汗
どうしても好きになれない作品はたまに出てきます。

でも「泣けるマンガ」であるのは確かでもあって
実際ストーリーは結構良くできていたりしていて
逆にその感じがまた自分の中で反発してしまったのかもしれません。
by anagogogogo | 2008-09-10 19:17 | ■ マンガ紹介 | Comments(4)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30