風子のいる店


今日のマンガ紹介は「風子のいる店」です。

e0131985_16353623.jpg

○作者 岩明均
○出版社 講談社
○掲載誌 モーニング
○発表期間 1985-1988
○巻数 全4巻




■あらすじ

郊外の街に住む高校生風子は、吃音のために学校で教師やクラスメイトから迷惑がられ自殺も考えるが、逃げ場所を求めて喫茶店ロドスのウェイトレスになった。それは内気な性格を直す為でもあった。風変わりな出来事の多いロドスで、様々な他人と関わり合いながら、風子はしだいに明るく成長していく。

やがて受験が近づき、風子は自らの進路や生き方について考え始める。自分が子供である事をもどかしく思うが、大人になる事への不安も感じる。同級生たちには、夢に向けて歩き始める者もいれば、深く苦悩する者もいた。自分の道を見い出せない風子は、周囲の人々のそんな姿に圧倒される事も多い。しかしロドスでの2年余りの、様々な人生との触れ合いを通して、いつしか風子は自分らしい生き方を掴みつつあった。(wikipediaより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
喫茶店アルバイト日常劇
~要素方程式~ 
[喫茶店]×[女子高生]×[日常]=[成長]×[人物描写]


代表作「寄生獣」で有名な岩明均さんの初連載作品。

内容は内気な女子高生有沢風子の、成長を描く日常ストーリーです。

e0131985_23263014.jpg

基本的に物語の舞台は、風子のアルバイト先である喫茶店「ロドス」であり、
そこで出会う様々な人達、出来事などを通して、風子は人間的に大きく成長していく。

~見所ポイント~

①風子の成長

風子が初登場するシーンは、
お会計のときにしゃべることもできず、
ありがとうございましたも最後まで言えないような、
おとなしく、頼りない女の子だった。

e0131985_23203979.jpg

「補足」:風子初登場シーン。お会計のときに「どもる」風子。

しかし、全4巻という短い中でも、様々な人たちや出来事に遭遇していく中で、
リアルな成長を遂げていく風子が垣間見ることができる。ここがまず見所。

e0131985_2321089.jpg

「補足」:物語後半で、自分自身に成長を感じる風子。

人間的な「成長」ということを、丁寧に、そしてゆっくりと描くこの作品。
そこに絶対的な魅力を秘めている作品なんです。

②誠実な「人物・場面」描写

この作品を一言で表すのなら「地味」という一点だと思います。

「地味」と聞くと、マイナスな印象ですが、
この作品に関しては限りなくプラスの意味を含む「地味」です。

この作品に登場する人物たちは、非常に人間味あふれ、
もはや「キャラクター」ではなく「実在する人物」としてさえ感じられる。

e0131985_232205.jpg

「補足」:物語中盤で登場するみさ子さん。何気にインパクトある人だったなぁ。

それは作者の岩明均さんの誠実な人間描写によって、
登場人物たちが現実そのものに描かれているからかも。

確かに「漫画」ということに関しては、何か魅力的な登場人物や、
魅力的な見せ場があったほうが絶対に面白い。

それに対してこの作品はそれと真逆であって、
女子高生である風子の、現実そのものを描ききっているので、
あまりにも地味で、あまりにも普通な日常が繰り返される。

それでも面白いのは何故だろう。作者の描写力には驚くばかりだ。

③日常の出来事

これほどまで地味なストーリーもない笑、
というほどの日常が描かれていくこの作品ですが、
作者の人生観や哲学で描かれる日常シーンは、非常に魅力的。

e0131985_11332323.jpg

e0131985_11331589.jpg

「補足」:物語序盤で、いきなり「おお」と思える台詞に遭遇。哲学感ある台詞がよく出る。

ここではあまり紹介しないが、いくつもの日常の出来事が登場する中で、
すべてのストーリーが思い出せるほど、魅力感じる日常がこの作品にはある。

この点はオススメできる。むしろそこしか見所はないのかも。

~注意点~

①限りなく「地味」です

正直「漫画」というツールにおいては、
この作品は日の目を浴びないんじゃないだろうかと思ってしまうほど地味。
本当に普通の日常が描かれているので笑。

読んでいて驚くかもしれない。
見せ場もないし、登場人物にインパクトもない。

そんなことを絶対に思ってしまう作品であることは間違いない。
これは読んでいて正直自分も思ったし、
そう思って全4巻でありながらも挫折してしまう人もいるかもしれない。

それでも魅力がないわけではない。
作者の誠実な描写力がとても感じられ、
初連載としてこの漫画を描いた彼を、賞賛したいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「風子のいる店」を一言で言うならば

風子の人間成長ドラマ

リアルすぎる人間描写や場面描写に圧巻。

人間的に大きく成長していく風子と、その周りの人間たち。
喫茶店ロドスが、本当にあるのではないだろうかと思うほど、
この作品の「世界観」というものが、しっかりと4巻で創り上げられている。

こんなにも誠実に描かれてしまうと評価をつけるのが申し訳ない。

ただ、「漫画」として考えたとき、自分の漫画哲学や、
一般的なレビューから考えて「面白い」かと単純に考えると、
少し評価は低くなってしまう。評価が付けづらい作品です・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 59%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      {100%} ・・・・・ マンガ作品の限界到達点。魂揺さぶる頂点。     
   {99~90%} ・・・・・ 想像を超えた衝撃を受けた。作者に尊敬の念。
   {89~80%} ・・・・・ 想像の範囲内で大好きです。感謝しています。  
   {79~70%} ・・・・・ 好きでもう1回読みたいと思える。オススメできる。  
   {69~60%} ・・・・・ 好きだけどもう1回は・・と感じる。なかなか好き。   
   {59~50%} ・・・・・ そこそこ楽しめたと言えると思う。普通に楽しめた。
   {49~40%} ・・・・・ 読んでいてある程度魅力を感じた。悪くはない。     
   {39~30%} ・・・・・ 普通。可もなく不可もなく。特に言うこともなく。
   {29~20%} ・・・・・ ちょっとだけは魅力を感じた。正直好きではない。   
   {19~10%} ・・・・・ 嫌悪感のようなものを感じた。イライラしてくる。
   {09~00%} ・・・・・ マンガ作品の限界最下層。魂揺さぶる底辺。        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2009-06-30 00:03 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30