デトロイト・メタル・シティ

今日のマンガ紹介は
「デトロイト・メタル・シティ」です。

e0131985_1514238.jpg

 

 
○作者 若杉公徳
○出版社 白泉社
○掲載誌 ヤングアニマル
○発表期間 2005-2010
○巻数 全10巻




■あらすじ
主人公・根岸崇一はポップでオシャレな音楽を好む青年。大学進学に伴って上京してきた彼はポップ歌手としてデビューするという夢を叶えるため、大学卒業後にレコード会社と契約する。ところが事務所から根岸が歌わされることになったのは、彼の趣旨とは正反対のデスメタルであった。
程なくして根岸は悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」に仕立て上げられ、デビューする事になってしまう。メタルは嫌いな根岸だったが、いざ歌ってみると秘められたメタルの才能を発揮してたちまちバンドは大ブレイク、根岸自身の思いとは裏腹にクラウザーはカリスマと化し、DMCは一躍世間の注目を集める人気バンドとなる。(wikipediaより引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
痛快下ネタギャグ漫画 
~要素方程式~ 
[デスメタル]×[ギャグ]
=[下ネタ]×[ハイテンション]


 
ポップミュージシャンを夢見て上京したはずの根岸崇一は
今や、デスメタル界で有名なヨハネ・クラウザーⅡ世として
自分の思いとは真逆の音楽性で一躍有名になっていく。

e0131985_1341860.jpg

e0131985_13411323.jpg

ハイテンションギャグ&下ネタと言ったジャンルで、
基本的に一話完結型のギャグ漫画作品です。

まあ途中に結構、何話分かのストーリーが出てきますが
基本的に根岸君がクラウザーの挟間にいる姿を楽しむものなので
どの巻から見ても楽しめると思います。同じ展開が多いし。

~見所ポイント~
 
①根岸とクラウザー

まずはやはり、オシャレポップ歌手を目指した青年が
今や、デスメタル界の帝王になりつつあると言う設定が面白い笑。

基本的に、「オシャレポップいいな~」と言う根岸君が
事務所社長や、ファンなどによって「クラウザー」として仕立てられていく
あの何とも言えない悲しさが魅力で、根岸君がかなりかわいそうになってくる笑。

ただ、そんな根岸君も、なんだかんだ言ってデスメタルの才能があって
日常生活の方でも、クラウザーさん化していくところが、また面白い笑。

e0131985_13423272.jpg

「補足」:何だかんだ言って、ファンがいると、隠された才能を発揮してしまう根岸笑。

そんな普段の根岸君と、クラウザーさんの豹変ぶりのギャップと、
クラウザーさん化していく、普段の根岸君の人格変化が見所です。

②怒涛の下ネタ

これは見どころ&注意点なんですが
デスメタルバンドという設定ということもあって
作品内いたるところに、下ネタが蔓延しています。

別にデスメタル=下ネタでもないはずなんですけど
まぁデスメタル=過激=下ネタという手順を踏んでいるのか
ある意味わかりやすいんで、これでもいいのかなぁとも。

e0131985_13435690.jpg

「補足」:好意を抱く相川さんに、思わず予期せぬ発言をしてしまい、焦る根岸笑。

とりあえず下ネタに関しては、「画」としては登場は皆無ですが
「言葉」としては、怒涛の下ネタ群なので、そこは注目ですね。

そして、根岸君が想いを寄せる、大学時代の友人相川さんは、
物語中、次々とヒドイ発言や、ヒドイ仕打ちをされてしまうのに、

次の話には、なぜか必ず許してくれるという女神級の器の広さにも注目です笑。

③観客のノリ

何気に好きなのが、DMC(デトロイト・メタル・シティ)ファンの
あの何とも言えないノリと、クラウザーさんを追いこんでいく展開がいい笑。

e0131985_13445192.jpg

「補足」:クラウザーさんを崇拝するファンたち。根岸君はこうやって追い込まれる笑。

ファンが揃って叫ぶ「ゴートゥDMC!ゴートゥDMC!」はもちろん
「出た~、クラウザーさんの歯ギターだぁ~」とかもう色々と、

根岸君をクラウザーに追い込んでいく」という設定を際立たせているのは
何を隠そう、このファンの人たちで、そこをしっかり描いているので
より、「クラウザーさんとして追い込まれる根岸」が目立って楽しめる笑。

もちろん事務所の社長が一番根岸をクラウザーに追い込んでいる張本人なので笑、
事務所の社長の「もう私の股間はビショビショだよ!」「そんなもん濡れね~んだよ!
といった、数々の過激発言と、根岸に対する暴力は、ある意味一番見所です笑。

~注意点~
 
①怒涛の下ネタ

下ネタは多いよ。本当にそればっか・・・。
嫌いな人は嫌悪感抱く可能性MAXなんで注意です。

②勘違い&ギャップ

肝心のギャグの質というか構成なんですが
どこか古臭いというか、「めぞん一刻」にも劣らぬ単純な勘違いストーリーや
「根岸君の日常」→「嫌なことがある」→「クラウザーの片鱗が見える」
みたいに、非常にベタで、ギャグに関してはノーマルです。

だから、「設定だけ」とか「ギャグがつまらない」
って印象が、読んでいて思うかもしれない。総じて「飽きる」っていうこと。

自分としては、結構根岸君とクラウザーのギャップだけじゃなく

「実家に帰るとお母さんがDMCのTシャツを着ている」とか
「クラウザーの記者会見と女の子とのデートをダブルブッキングして、
そのうち、訳わからなくなってきて、クラウザーの姿で女の子のとこへ出向く」とか

結構、ギャグ的にも笑ってしまうところが多かったので、好印象でした♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「デトロイト・メタル・シティ」を一言で言うならば

[サツガイせよ!サツガイせよ!]

バンド中に出てくる「サツガイせよ!」「恨みはらさでおくべきか」
などなど、個性的な歌詞も、この作品の魅力かもしれない。

ギャグは「勘違いオチ」「根岸とクラウザーのギャップ」
などがほとんどで、単調と思われる、飽きると言われそうな作品ですが

クラウザーさんになりきれず、それでいて才能の片鱗がある根岸君が
日々、葛藤や疑問を感じながらも、どんどん世間から認められていく姿が
自分としてはすごく好きで、ギャグ作品として楽しんで読んでいます。

ただ、一応第6巻まで読んでますが、ちょっと飽きてきたかも笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 62%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2009-09-14 13:54 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31