行け!稲中卓球部

今日のマンガ紹介は「行け!稲中卓球部」です。

e0131985_0224188.jpg

 

  
○作者 古谷実
○出版社 講談社
○掲載誌 週刊ヤングマガジン
○発表期間 1993-1996
○巻数 全13巻




■あらすじ
熱血少年・竹田が率いる卓球部には、妖怪たちが住むという――。
変態の前野、 「あしたのジョー」オタクの井沢、ハーフの毒ガス王子こと田辺、ド級のムッツリスケベ・田中。副部長の木之下だけが、稲中一のモテ男!
個性豊かな部員がそろうこのクラブは、まさに変人の園……。
濃厚ピンポン・ライフ、ギャグの渦巻く青春グラフィティーのはじまり!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
卓球部ギャグ漫画 
~要素方程式~ 
[男子中学生]×[ギャグ]×[卓球]
=[下ネタ]+[ハイテンション]

 
超個性的な部員が揃う本作品「稲中卓球部」。

この作品は、男子中学生の気持ち(下ネタ)で構成される
中学卓球部の部員達のギャグ漫画です。スポーツ漫画ではないな・・・。

e0131985_1458553.jpg

「補足」:コミックス第一話冒頭。まだ画もひどいし笑えない・・・。

自分は部活で卓球をやっていたんですが
卓球部のイメージはこの作品によって悪くなったんじゃないか?笑。

でも面白いです。きっと誰もを笑わせてくれる作品です。

~見所ポイント~
 
①男子中学生

まずはなんと言っても、男子中学生という時期の
何とも言えない感情をそのまま吐き出す部員達です。
これはもう見ていて笑うしかない。ありのままです。

e0131985_14595485.jpg

「補足」:裏ビデオを入手して盛り上がる男たち。まさに中学生の通る道。

e0131985_150054.jpg

「補足」:実際に”部分”を見て、驚く前野と井沢。この二人は名コンビ。

e0131985_150534.jpg

「補足」:期待していたものよりグロくテンションが下がる二人。よくわかるぜ笑。

基本的にエロイ感情がほとんどで、結果的に下ネタに繋がるんですが、
初めて女の人の部分を見た時に「グロイ」とテンションが落ちる所なんかは
すごく男子中学生の気持ちが出ている感じがします。

②怒涛の下ネタ

まあ、とは言っても、やっぱりほとんどは怒涛の下ネタばかりで笑、
ここまで下ネタをおおっぴらに発言、ハイテンションで押しているのは
この作品の魅力なんだと思います。

e0131985_153875.jpg

e0131985_1531342.jpg


↑こんなことばっかやってます笑。本当にこんなシーンばかりの作品です。

③すごいテンション

テンションで笑わせる」ということに対しては
この作品はピカイチです。「何が面白い」とか「ここが面白い」とか
そういうことじゃなくて、考える暇を与えないような
スピードとテンションにおいては、どの作品よりも魅力です。

e0131985_1533512.jpg

「補足」:ロッカーから誕生した井沢こと”ひょうすべ”という妖怪。何だこれはw

e0131985_1542325.jpg

「補足」:もぐらの格好で井沢と田中に絡む前野。前野の絡みは一級品だったな。

怒涛のギャグ出し、着ぐるみギャグ、アホ顔、ブス顔・・・
いや、シュールな笑いや不条理な部分も・・とにかく多彩なギャグ作品。

④哲学の傾向

古谷実作品は、この作品以降少しづつ「陰鬱」な方へ傾きますが
すでにこの作品でもその片鱗が垣間見えてきています・・。

e0131985_1552633.jpg


まあこういう部分が作者の描きたかった根本だったのかも。
たださすがに今と作風のギャップがありすぎて驚きですね・・。

~注意点~
 
①下ネタオンパレード

女の人にはあんまり好評じゃないだろうな・・。
まあ男子中学生の気持ちは男子にしかわからないはずだし。

というより男子でもあそこまで下ネタをおおっぴらにされると
結構きつい部分はあります。少なくとも外では読みづらい。

下ネタに関しては「下品」の一言で言い表せるので
そこは要注意です。まあ・・・少し見て確認してください。

②画力と構成力

画はもうなんて言うか・・下手ですね笑。特に最初は。
ただあのブス顔、別名「稲中顔」はすごい。あれは革命です。

またストーリーというか物語の構成力もゼロに近い。
まあもともと一話完結系ですが、ストーリー構成に魅力はない。

あるのは怒涛のテンションと怒涛の下ネタだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「行け!稲中卓球部」を一言で言うならば

[必殺!ハミチンサーブ!!]

下品・ブス顔・男子中学生」の三点で説明がついてしまうこの作品。
男子中学生の頃に、この作品に出会っていたらもっと思い出深い作品になったはず。
この点に関してはかなり悔しいです。リアルタイムで読みたかった!

ギャグ漫画としては、「」に関してはなんら魅力はないけど
テンション」ひとつで突っ走った様な作風は好印象でした。
万人にお勧めはし難い作風ですが、少なくとも「男」にはお勧めしたい作品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 72%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2010-04-24 15:14 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31