ジョジョリオン ♯010 「東方大弥の異常な愛情③」


ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン ♯010 「東方大弥の異常な愛情③」

e0131985_19331068.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大弥の脅威的な思考・洞察力に圧倒された前話。

買い物に出掛けることになった大弥と定助は東方家の門へ向かう。
一方、不審な電話コールを受けた康穂は、予想通り東方家へ戻った。

東方家を出る際の家政婦に言われた事に怯えつつも、
戻ってきた康穂は「定助を助けたい」という想いを強くする。

e0131985_20185984.jpg


門の前に来た康穂だが、運が悪いのか良いのか、
ちょうど買い物に出掛ける大弥に門を挟んで対面してしまった。

e0131985_20221044.jpg


しかし大弥は目が不自由なので気付かない。
そして続いて大弥の後ろから定助の姿が。康穂が定助に気付く。

しかし定助は康穂が手を振るが目を細めて不思議な顔をする。
定助が自分の記憶を取られていることを知らない康穂は定助の様子に驚く。

e0131985_20271727.jpg


何かがおかしい・・・すごくヤバイ」と、
定助の置かれている状況に危機感を抱く康穂。

一方大弥と定助は自転車で買い物に出掛けることに・・。
大弥は定助と二人乗りをしたいと話、定助に後ろに乗るよう言う。

定助は自分の影を車輪に近づけるが、大弥はなかなか影を踏まない・・。
そこで定助は、シャボン玉に声を込めて、大弥の耳に浮遊させ自分は近くの木の枝にぶら下がる。

e0131985_20382889.jpg


しかし大弥は「どおしてあたしの体に腕をまわしてくれないのォ?」と話す。
後ろからあたしを抱きしめて」と言う大弥に関して、枝にぶら下がっている定助は
何をすることも出来ず、考え込んでしまう。

そして大弥はまたも定助の思惑、行動の不審さに気付く。

e0131985_20431752.jpg


大弥に「気を使わせた」ことになり、大弥の能力が発動!!
今度は定助の耳の穴からチェスが飛び出す!!記憶はなんとスタンド!!

e0131985_2045394.jpg


定助はなんと、逆転に必要不可欠のスタンド能力の記憶を失った。
そしてスタンド能力を奪う事が出来た大弥は興奮する。

e0131985_20484821.jpg


大弥は定助のスタンド能力、名前、特性を知ることになる。
スタンド自体ではないけど、スタンドを使うという記憶は奪えた」と喜ぶ大弥は
定助との勝負に勝ったことを確信したのか、上機嫌に定助に話しだす。

ついに逆転に必要な「」の記憶を失ってしまった定助は大弥の言いなり状態に。
しかしここで電話のコール音が聞こえ出す。音は東方家の方から聞こえている。

e0131985_20572873.jpg


目が不自由な分、音に敏感なのか、大弥は「自分の部屋からではない場所」で
そして自分の携帯電話のコール音が鳴っていることに気付く・・。そして定助が言う。

e0131985_2112983.jpg

e0131985_2114243.jpg


定助が言うには

大弥の携帯を隠したのはオレだ
誰か大切な人に電話をしたような気もする

その事実を聞いた大弥は、少し間を置いた後に、
なんとスタンドの記憶のチェスをおもいっきり地面に叩きつける!!

e0131985_2173417.jpg


康穂ちゃんしかいないじゃない!あんたが電話するところなんか・・

大弥は自分の携帯で他の女に助けを求めた事に苛立ち、
定助に携帯電話を取ってくるように指示を出す・・・。

e0131985_21124321.jpg


そしてその頃、康穂は謎のコール音が定助からだったのではないかと、
電話かけ直していた。東方家から鳴った電話は康穂からの着信であった。

大弥と定助は買い物を中止して、東方家へ戻り、冷蔵庫の場所へ・・。

e0131985_21185661.jpg

e0131985_21193883.jpg


まずは扉を閉めるよう定助に指示を出し、
もしも康穂からの着信だったらチェスを破壊してやる」と怒る大弥

電話に出る大弥。そして康穂の声が聞こえ大弥は怒りが爆発!!
消えちまえ~~~!」とチェスを叩きつけようとする大弥だったが・・・

e0131985_21265569.jpg


おいっ!影を踏んでるじゃないか!!

冷蔵庫からの光の定助の影をついに踏んでしまった大弥。

なんと冷蔵庫を閉じたことを確認した大弥であったが、その閉じる音は
定助が携帯を隠したときに潜めていたシャボン玉のフェイクであった。

そして影を踏んだ事で、大弥のスタンド能力が解け、定助の記憶が戻るゥゥ!!

e0131985_21341267.jpg


ついに大弥から記憶を奪い返すことに成功した定助は、
お前に勝ったぞ!!」と大弥に詰めより、強気の姿勢に。

e0131985_21375930.jpg


大弥はスタンド能力が破られた途端、一気に弱気な姿勢になり
定助からの質問にひとつずつ答えていく・・・。完全に大弥は言いなりに・・。

e0131985_21404540.jpg

e0131985_2141175.jpg


なんだか急に弱気な性格になった大弥はキュートです。

定助は大弥から色々な事を聞き出す。
階段の手すりのマークの正体と、2階に何があるのという疑問。

大弥が言うには、あのマークは本の出版社のマークだと言う。
そして2階にはパパの書斎があるという事で、二人は禁断の2階へ。
そこで定助はあのマークが付いた本を発見する。

e0131985_21493979.jpg


その本の題名はなんと・・・「スティール・ボール・ラン・レース全記録」!!!
と・・・・ここで今話は終了。なんとも気になる引きで終わりましたぁ~悲。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買い物編で色々と大弥との心理戦が繰り広げられるかと思い気や、
康穂ちゃんの行動のおかげもあって、なんとか記憶を奪い返すことに成功した定助。

今回は心理戦がほとんどで、大きな新事実は出ませんでしたがまとめます。

①本屋のマーク

東方家で見かける謎のマークの正体は出版社のマークであった。
大弥が読んでいる点字の本にもそのマークがついているらしい。

②スティール・ボール・ラン・レース

2階にある東方父の書斎には、謎のマークが付いた本があった。
そしてその本には「スティール・ボール・ラン・レース」のタイトルが・・・。

今回の目玉情報としてはこのキーワードだと思います。
謎のマーク、そして東方家の謎も、このレースに隠されているということか・・。

③定助の能力

応用力ありすぎ。今話でも再確認ww

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思ったよりあっさりと大弥との勝負が付きました今話。
そして謎のマークと東方家の謎は「スティール・ボール・ラン・レース」に隠されている。

ここで第7部に絡んでくる演出がすごい。ファン大興奮の展開です。

今回は短いですが総括を終えます。来週まで楽しみを押し殺して悶絶します♪

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

★ジョジョリオン感想まとめに戻る★
by anagogogogo | 2012-03-20 22:10 | ★ ジョジョリオン感想 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30