僕等がいた


今日のマンガ紹介は「僕等がいた」です。

e0131985_16481775.jpg

○作者 小畑友紀
○出版社 小学館
○掲載誌 ベツコミ
○発表期間 2002年~2012年
○巻数 全16巻




■あらすじ

釧路市の高校に入学したばかりの「高橋七美」は、新しい環境に胸を膨らませていた。友達もでき、順調な高校生活がスタートしたように思われたが、中学ではクラスの三分の二の女子に好かれていたという人気男子「矢野元晴」との出会いは、七美にとってあまりよい印象のものではなかった。クラスメイトとして共に過ごすうち、徐々に矢野に惹かれていく七美。だが、矢野は恋人との死別という暗い過去を引きずっているのだった。

紆余曲折を経て大好きな矢野と両想いになり付き合い始めた七美だが、彼が上京し遠距離恋愛に。再会を約束した翌年、七美が上京すると矢野は消息不明になっていた。待ち続け苦しむ日々が続いた末、ようやく七美が再会できた矢野はまるで別人だった。(wikipediaより引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ジャンル分類~ 
過去形展開恋愛漫画
~要素方程式~ 
[約束]×[遠距離]×[不幸]=[純愛?]+[竹内君]


高校に入学したばかりのフツーの女の子「高橋七美」が
クラスの3分の2の女子が好きになってしまう「矢野元晴」と出会い
お互い両想いになるものの、矢野の転校により二人は離れることに。

二人は1年後の再会を約束するのだが・・・。

e0131985_14495467.jpg


この話の大筋は「高橋七美」と「矢野元晴」の純愛部分です。
両想いになるものの転校により遠距離になってしまう二人の、
再会を夢見る、信じる純愛ストーリー・・・・・

が表向きなはずなんですが、そうはいかない部分も確かにあって・・。
正直「純愛物語」ではないかもです。ドロドロっと後味の残る作品。


~見所ポイント~

①矢野元晴という男

この物語の主要人物であり、物語をひっかきまわす「矢野元晴」。

彼には屈託のない笑顔とは裏腹に闇の部分も持ち合わせる。
そして不幸な事がどんどんと彼に降りかかっていく。かわいそうなほどに。

e0131985_14511220.jpg


その不幸に対して前向きに闘うかと言えば実はそうでもなかったり。
そこは通常の少女漫画の展開とは違ったものかもしれない。そこは魅力か。


②高橋七美という女

矢野同様にこの物語の主要人物で、矢野を想い続ける?女の子。

いわゆるフツーの女の子であるが、矢野への想いは強く
「好きになること」「信じること」を矢野に出会って学ぶ。

e0131985_1451251.jpg


矢野との別れの際、1年後に東京での再会を約束するが・・・。


③竹内匡史という男

矢野元晴の親友であり、高橋七美が好きでライバルでもある男。
物語中には高橋七美に告白をして、元晴にも知らせているので、
この三角関係はドロドロはしていない。ただし彼は報われない・・涙

e0131985_14514420.jpg


個人的にこの竹内君は、漫画史でNO.1の同情してしまう男でもある
タッチの弟の和也並みにかわいそうです笑。超えていると言っても過言では・・。
いや死なないですよ笑。それでも彼の可哀そうさは漫画史に残る程・・。

~注意点~

①登場人物達の魅力

なんて言うんだろう。登場人物それぞれ良い奴らなんですが
それぞれの行動、言動にあまり共感できない部分が多くありました。

汚い感情」「優柔不断」。そういった意識や行動が結構あって
なんていうか「純愛」とかそういう方向でもない気がする作品。

ある意味では漫画作品らしくないリアルな人間模様なのかもしれない。
だからこそ、目を塞ぎたくなるような展開や行動も強く感じてしまうのかも。

②過去を意識するネバネバ恋愛

過去ではなくて今を生きようぜ」と名言を出す矢野元晴だが
その本人含めて他の登場人物達も過去にこだわりすぎています。

おそらくすべての登場人物達が「過去」に縛られて生きている。
これが見ていて物語に爽快感を生まないのか、テンポが悪い。
それ故か展開もあまり波が無く、名シーンが思い出せない・・・。

とにかく過去に囚われ過ぎて、ネバネバした恋愛模様がきついかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕等がいた」を一言で言うならば

「超後ろ向き恋愛物語」

タイトルは「僕等がいた」と、過去形になっているように、
その「過去」に対してあまりにも真面目に、あまりに執着しているキャラ達。

これによって、恋愛物語なのに疾走感とか爽快感が感じにくかった。
そして何より矢野と高橋の両方の行動(特に後半)には共感できない人が
多いんじゃないだろうか。自分は共感できなかったし、人次第なのかな。

そして何よりこの作品で注目すべきは「竹内君」だ。
彼は唯一この作品内でも共感を超えて同情してしまう良キャラ。
漫画史に残る「かわいそうなキャラ」の殿堂入りは間違いない笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 54%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      {100%} ・・・・・ マンガ作品の限界到達点。魂揺さぶる頂点。     
   {99~90%} ・・・・・ 想像を超えた衝撃を受けた。作者に尊敬の念。
   {89~80%} ・・・・・ 想像の範囲内で大好きです。感謝しています。  
   {79~70%} ・・・・・ 好きでもう1回読みたいと思える。オススメできる。  
   {69~60%} ・・・・・ 好きだけどもう1回は・・と感じる。なかなか好き。   
   {59~50%} ・・・・・ そこそこ楽しめたと言えると思う。普通に楽しめた。
   {49~40%} ・・・・・ 読んでいてある程度魅力を感じた。悪くはない。     
   {39~30%} ・・・・・ 普通。可もなく不可もなく。特に言うこともなく。
   {29~20%} ・・・・・ ちょっとだけは魅力を感じた。正直好きではない。   
   {19~10%} ・・・・・ 嫌悪感のようなものを感じた。イライラしてくる。
   {09~00%} ・・・・・ マンガ作品の限界最下層。魂揺さぶる底辺。        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

★マンガ紹介作品一覧に戻る★
by anagogogogo | 2012-04-29 14:58 | ■ マンガ紹介 | Comments(0)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31