天 天和通りの快男児

今日のマンガ紹介は
「天 天和通りの快男児」です。

e0131985_1531620.jpg

 

  
○作者 福本伸行  
○出版社 竹書房 
○掲載誌 近代麻雀ゴールド 
○発表期間 1989-2002 
○巻数 全18巻
 



■あらすじ 
 
●天とひろゆきの出会い 
大学受験前のひろゆきは、素人相手に荒稼ぎをしていたある日、天という代打ちの男と麻雀勝負をすることになった。堅実な麻雀を打つひろゆきは、優勢のまま南4局まで進むも、最後の天知[テンホー](配牌時にロン)&九連宝燈[チュウレンホウトウ](マンズの1萬と9萬を3つずつと2~8萬を一つずつ集め、あとは2~8萬のどれかで上がり)というイカサマで負ける。 
そんな出会いだった二人は、それから少しの付き合いと共に、代打ちとしての裏社会での麻雀の世界に、ひろゆきは入っていくことになる。ここであのアカギも登場する。

●東西対決 
ひろゆきが代打ちの世界から身を引き、普通の大学生活をしている中で、ひろゆきは麻雀の裏プロ達の対決「東西戦」があることを知り、そして東の頭が天であることも知った。東のメンバーになんとか入れてもらったひろゆきは、天才アカギと天、仲間と共に、東と西の命運を掛けた東西戦で、様々な強敵に立ち向かう。ここがこの天の一番面白い部分。ほとんどの内容がここ。 
 
●アカギの葬式 
東西戦も終わり、サラリーマンとして過ごしていたひろゆきは、ある日新聞の記事で、アカギの通夜の存在を知ることになる。通夜といってもアカギはまだ生きている。彼が言うに通夜の前夜祭というもので、かつて東西戦で戦ったものが、その前夜祭に呼ばれた。
アカギは自殺装置をつくり、いつでも死ねる状態にいる。もしも説得を試み、アカギが死をとどまったら死なないというもとに、かつての仲間たちの最後の説得が行われる。 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
~ジャンル分類~ 
純粋マージャン勝負漫画 
~要素方程式~ 
[麻雀]×[福本初期]×[心理戦]
=[構成力]×[アカギ登場]


 
この「天」は福本伸行作品の初のヒット作品で、
内容は純粋な麻雀マンガとして、内容もすごく濃いものとなっている。

ひろゆきと天という二人の主人公をもとに、
様々な麻雀バトルが見ものである作品。

e0131985_2194028.jpg


この作品にでてくる「アカギ」というキャラクターは、
後に福本作品の代名詞ともなるあの作品で、
自分の記事でも紹介したので、そちらを見てもらうとわかる。

最初の1巻は、
福本初期のハートフルコメディー風で、すごく気持ち悪いですが笑、
2巻以降からすごく真面目な麻雀マンガになっているので、
1巻はスルーでお願いします笑。 
 
また、なぜか最終巻近く、脇役だったアカギの人生観、
哲学的なメッセージ性の強いストーリーに変わり、
マンガ全体としてはありえない、意味不明な展開になっている。
もともと天が先に連載で、途中からアカギが始まり
それが人気になったせいか、このようなラストになっている


物語の筋としては完全におかしいけど、
この最終巻近くのメッセージ性(主に死について)の
あのアカギの言動は秀作。ここはかなり見所です。

とりあえず一応、マージャン勝負漫画ですよ。
  
~見所ポイント~
 
①福本伸行を知れる作品 
 
この「天」と言う作品。 
 
福本さんがやりたかった「人情物」でスタートし、
その後「麻雀物」という形で、多様なバトルと心理描写が展開、
そして最後はアカギの通夜で「メッセージ性」を伝えて終わるということで、
すごく福本伸行という漫画家を知れるいい作品だと思う。

e0131985_21102457.jpg
 
 
内容もすごくよくできていて、特に麻雀のバトルにおいて、
以前紹介した「アカギ」と比べれば格段にこっちの天のほうが面白いし深い。
アカギはどちらかろ言うと心理描写が強いから。

だから、この作品を見ていて、すごく麻雀というものがやりたくなってくるし、
麻雀の面白さ、深さがよく理解できて、総じて本当に面白いとオススメできる。

コミックのほとんどを占めている東西戦では、
でてくるキャラクターのそれぞれが持つ
麻雀の打ち方、個性、心の強さ・弱さ、とても楽しめる。

また、コミック内にでてくるクリア麻雀や二人麻雀などのアイデアも面白い。

この作品ひとつを見れば、福本伸行のことがすべてわかると言ってもいい。
これはホント。それほど内容が濃いものだし、面白いし、福本作品の中で、
これが一番評価が高いかもしれない。

②アカギの死生観 

冒頭で説明したアカギの死生観を語る終盤。
ストーリー的には非常におかしくツッコミ所満載なんですが、

ここの1巻分。ここのアカギの通夜前の最後の物語は、
非常に奥深く、考えさせられ、とても心揺さぶられる事は間違いない。

e0131985_21144874.jpg


まあ心揺さぶられるには、「アカギ」をある程度読んでから、
この天才の最後を見届ける方が、非常に感銘深いと思うので、
是非「アカギ」を読んだ後に、この作品に目を通して欲しい。

~注意点~
 
①謎のストーリー展開

もともとこの作品に出てくるキャラクターの「アカギ」が
今や代表作でもある「アカギ」の主人公ですが

この「天」という作品が先の連載にも関わらず
代表作「アカギ」が人気になったせいか、

物語後半は、いつの間にやら「アカギ」が主人公になり
アカギの死生感を語って物語が終了と言う、
よくよく作品全体を通して見てみると意味がわからない笑。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
「天」を一言で言うならば 
 
[福本マンガ哲学の集大成] 
 
福本伸行を知るには、これひとつ見れば完了です。
とても色んな面が見れるし、内容のバランスや、
内容量含めてすごくバランスがいいし深い。ホントにオススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的好み度 87%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!
 
★マンガ紹介作品一覧に戻る★
Commented by パニッツィ at 2009-07-05 23:51 x
こんばんは♪この記事でちょっと謎が解けた感じですっきりです。途中からガラっと印象が変わったと思ってて、しかもいきなり天強くなるし(笑)
最初は原点であるハートフルコメディー風だったからギャップを感じたんですね。納得。
そして最後のアカギの通夜ですけど正にありえない、意味不明な展開という表現がぴったりですね。
僕は先にアカギを読んでいたので、おっ!キタキタみたいになって展開のおかしさに気づいていませんでした(笑)
Commented by anagogogogo at 2009-07-06 00:51
パニッツィさんコメントありがとうございます。

そうなんですよ!まさに意味不明な展開なんですよ!笑。自分も「アカギ」から知って、アカギ登場を楽しみに、むしろ「アカギ外伝」と思って読んでいたので、最初は気づきませんでした。

ただ、よくよく全巻読み直すと、「あれ?」て思って気づきました笑。やっぱ変ですよね。

でもこの作品は、麻雀に関しては一番興奮できて楽しめました。すごく読んでいて面白かったし、内容が濃く感じました。

1巻は・・・・なんなんでしょうね・・笑。
by anagogogogo | 2008-11-19 11:47 | ■ マンガ紹介 | Comments(2)

管理人アナゴのマンガ紹介


by anagogogogo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30